KinKi KidsキンキラKinKiワールド奈良県スペシャル
(10月17日山口放送分)

微妙に聞き間違いがあるかもしれないです。間違ってたらごめんなさい^^;

お久しぶりです!
オッスオラ悟空!で、おなじみの堂本剛です。

かなり、え〜。今年に入ってから「何やねん!」って言うぐらい何か、まぁ、いいことなんですけど、忙しすぎてどうしていいかわからへんみたいな、感じでしたが、今日ね、やっと、スタジオに来たわけですけども、え〜。スタジオがねぇ、え〜。ちょっとまぁ手違いではないですが、今日ちょっとスタジオがなくてていう事もあり、え〜。すごく広いスタジオの、何でか知らんけど端の方に机をですね寄せてやってます。

え〜。セクハラ等そういうものが気にならなければ、まっ、120〜130は詰め込めるんじゃないかなというような空間で、今日はとりあえずやりますよ!
非常口がねもう4つありますから、え〜〜〜。いつでも逃げれますけれども、とりあえずですね、まぁ、あのちょっと7ヶ月ぶりなんですよ。僕。

あのまぁ、ジャニスタからお送りしたアルバムのね、一人で何か読む、読んで歌ってっていうのを除けば7ヶ月ぶりてことなので、ニッポン放送もねお台場からこの有楽町に移転したということで、キンキラKinKiワールドもですね10年目に入ったということで、これもまた不思議な話でね、初期は有楽町のニッポン放送でやってたんですけども、うん。当時の面影ゼロね。うん。
何か久々にさぁ「いや〜」みたいなさぁ感じで、スタジオ入ってくんのかなと思ったら、入ったら何かキレイなお姉さんが「おはようございます」って何か声かけられて、「あぁ、どうも〜」て言うてね、前は普通のおっちゃんでしたからね。
うん。
何かもうホンマキレイになって、すごいなぁって感じで、とりあえず今日はですね、あの〜、お送りしているスタジオもイマジンスタジオと言うスタジオでですね、まぁ、とにかくさっきも言いましたけども無駄に広いですから、え〜。この広さをね、あの、思う存分使わずして、今週お送りしたいと思いますけれども。
え〜。僕がこの間、まっ、ちょっと何をしてたかというと、シングル切ったり、アルバム切ったり、ライブやったり、ドラマやったり色々ありましたので、え〜。タイにも行きましたからね。とにかくもう「大変だった」ということなんですけれども、え〜。そういうわけでございましてですね。
え〜。まっちょっと、あの〜、相変わらず、ん〜、バカなことを何かしてたという情報もありますけれども、え〜。何でも光一君がやり残したままの企画があるということで、それがお葉書甲子園
これを何かやり残しているということなんですけれども、キンキラKinKiワールドがこの夏日本全国に向けてお送りした一大プロジェクト、日本全国から葉書を集めそしてその県のスペシャルをやるという日本一の県を決めてきたということなんですけども、その日本一になったのが紙相撲で決めたっていう、何かすごく曖昧ですよね。とりあえず、埼玉県?が1位なんですか?30分まるまる埼玉県スペシャルをやったんですか。
あの人だって埼玉の人じゃないでしょ?光一君自体が。あの人兵庫の人ですよ。うん。兵庫。兵庫の人です。
西武ライオンズの帽子?をかぶりながらやったんですか。あの人西武好きちゃうでしょ。巨人でしょ?
う〜ん。決勝に残った3県があまりにもかわいそうという事で、光一のときに広島県スペシャル、福島県スペシャルをやったんですか。
うん。
ただニッポン放送でお聞きの方は野球中継が延びて福島県スペシャルを放送できなかったそうなんですけれども、え〜。残り一つの県を今日は私が引き継いでやる事になりました。
え〜。その県は奈良です。
え〜〜。僕の地元です。
ですから、僕はもう一切抵抗はないですし、思う存分奈良を宣伝していこうという事なんですけども、今日は奈良県民限定スペシャル。30分まるまる奈良でお送りしたい。
はい。
これはもう僕は奈良で生まれてますから、これは僕が30分奈良やろうが、全然文句言えないと思いますけれども。まぁ、そんな奈良スペシャルの前に曲を1曲聞いていただきたいんですけれども、これ何を聞いてもらいましょうか。奈良やろ?奈良、奈良の曲はないねんけども、えっとねぇ、どうしよ、じゃ、あれ「ORIGINAL COLOR」でいくか、じゃぁ、「ORIGINAL COLOR」聞いてください。

−ORIGINAL COLOR−

さっ、ということでですね、今夜はまるまる奈良県スペシャル。奈良スペシャルでございますけれども、奈良SPでございますけれども、スタジオにはですね、奈良に関するものを用意しました。
まずね、奈良県、奈良県データですよ。
え〜。十津川村は日本一大きな村。んふふふふふ。
え〜。東大寺大仏殿。世界一大きな木造建造物だと。
え〜。法隆寺。ね。五重塔。日本一古い塔だと。
これ誇れるものなのかちょっとわからないですけども。うん。
そして柿の生産量日本一なんですって。西吉野村。うん。
金魚ね、そうそう、金魚の生産量日本一。大和郡山市ね。これ有名やで。
で、靴下?の生産日本一なんやて。そんなん知らんかった。
あとスキー靴の生産量日本一。
「お前らスキーやったことないやろ」みたいな話ですけれども。
奈良はスキーはあんまり関係ないですけれどもねぇ。あんまというよりかなりね。うん、かなり関係ないです。
そして、ちなみに生駒山、生駒山のケーブルカーや吉野山、吉野山のロープウェイ。日本で始めての物。マジで?やりよるな〜。奈良。始めてや!ケーブル。奈良は走りやからねなんだかんだ言って。ファッションとかもね。
なるほど、なるほど。

ちなみに奈良県出身の有名人。
まぁ、堂本剛ですよ。何を隠そう。堂本剛がいて、城島茂、ね、奈美悦子。ですか。うん。そして加護ちゃんですね。えぇ、Wの一人ですけれども、うん。

そして、今私の目の前にですね、ありますけれども、奈良でかなり有名な、奈良漬。ちょっと頂きたいと思います。
(パリポリいってます)
うん。難しいよね〜。あの、あのね〜。主張しすぎやね。うん、でも、これ白飯とあれがいいと思う白湯、お湯。お湯漬けみたいなさ。ご飯してこれをまぁ2〜3枚ちょっとこう湯で浸しつつ、啜りつつ食べるとこれかなり美味いけど。うん。まぁこんな感じですが、とりあえず、奈良スペシャルやりますけども、何をするかというと奈良の人だけの葉書を読みます。とりあえず。
うん。すごく、ざっくばらんすぎて、まず1枚目ね。

おっ、これは金魚生産一の所に住んでいらっしゃいます奈良県大和郡山市の○○ちゃんですね。

「奈良県自慢。1、何と言っても剛君の出身地。他は笑い飯も、あっ、笑い飯もそう奈良やねん。うん。だから、あの〜、奈良の博物館のネタとかやってるからね、うん。マイナーやけど。そうやね、笑い飯も奈良やね、そういえばね。そして自然がいっぱいあること。私は小学校のトイレで普通にパンツに昆虫を入れて家まで帰ってしまったことがあります。でも、これは都会やったら絶対に経験できませんよ。え〜、奈良は本当住みやすいですよ。」
なるほどね。まぁ、トイレしてて虫がパンツに入る。うん。まぁ、田舎だねという、ふふふ。東京の人からしたら田舎じゃんみたいな、じゃじゃんじゃ〜んですけれどもね。なるほど。まぁでもね自然がいっぱいありますよとりあえず、うん。こればっかりはやっぱりねぇ、東京の人もやっぱり自然欲しくなるじゃないですか、うん。そういった意味でね、あの〜。奈良はいいですよ。ちょっと旅行みたいな感じで、でも、奈良と京都でセットで行く感じのほうが楽しめると思いますけど。
まぁまぁ、奈良はね是非みなさんね、行ったことない人ちょっと行ってみてください。非常にあの心地よ〜い気持ちになってね帰ってこれる思いますからね。

え〜。続いてですけれども、奈良県北葛城郡○△ちゃんですね。
「奈良には特有の時間の流れがあります。」
うん。これはわかる。
「待ち合わせで相手がなかなか来なくても、大和時間やからと気長に待ったりします。話す速度歩く速度も少し遅いように思います。世知辛い世の中のんびりしたくなったら奈良に来てみてもいいんじゃないでしょうか?」ということでね。
うん。確かにそれはあるよ。
特有の流れってのはわかる。もう、ホンマに遅いねん。ゆ〜っくりしてんねん。うん。東京おったらもぅさぁ、12時から5時までってめっちゃ早いやん。めっちゃ遅いねん。何かいろんな事やってても、ゆっくりゆっくりしてる感じあるよね。
そしてね、まぁちょっと残念なお知らせなんだけども、あやめ池遊園地がね閉園したんですよ。78年の歴史に幕を閉じたんです。これは僕ねぇ、正直泣きそうになりましたもん。ゾウさんがいるんですよ。ずっとそこで飼われてた、で、そのゾウが泣くねん。夕方とかに「パオーン、パオーン」て泣くねん。で、それが風に乗って堂本家の家々をかすめるわけ。で、それを聞くたびに彼は自分が生まれたところに帰りたいと泣いているのか、あるいは単純に泣いているのか、どっちなんだろうって子供の頃にねけっこう考えたわけ色々。で、堂本剛少年は自転車にまたがりチャリンコで走って、そのゾウさんの檻のすぐわきに走ってる道があるねん。
で、その道からゾウさんがちょろっと感じれるわけ。で、そこにけっこう行ってん。で、行って、まぁ会話は出来ひんで、別に僕がそこに行ったことによって、ゾウが助かるとか、あるいはゾウが別に来てもらわんでもって思ってるかも知れへんし、わからへんけど、子供心にね何かチャリンコこいで、何回か行ったわけそのゾウさんのところに、で、ちょっとぼ〜っとしながらそのゾウさん見てまた帰ってとか、何か結局僕は何も出来ひんよなとか色んな事思いながら、そんな感じのね時間をまぁ過ごしてたわけ昔。だから、けっこうそのゾウさんはねぇ、思い入れがあって・・・・・切なかったです。だからまず、閉園しますよって聞いたときに、あぁ、ゾウさんはどうなるんだろうみたいなと思って、まぁねぇ、かなり切ない感じですよ。奈良人からしたらホンマに。
僕は、あの遊園地で菅野美穂ちゃんとデートしてますからね。うん。で、ジェットコースターに菅野美穂ちゃん「だけ」乗せましたから。うん。「乗らないの?」って言われて「乗らないです」って言いましたからね(スタッフさん(笑))、ええ、ふふふ、怖かったんでジェットコースターは。ええ、乗らなかったですけれども。
まぁねぇ、ちょっと、う〜ん、切ないですよね〜。色々。うん。まぁねぇ、この子は柏原の子やね。
う〜〜〜ん。なるほど。ん〜〜〜〜。
まぁ、ということでね、奈良人の人はね「ふむふむ。そうですよね〜」みたいなしっとりした時間流れとると思いますけど、まぁ、奈良以外の人は「うん、まぁ、ふ〜ん」みたいな、ええ、ふふふ。「何落ちてんの?」みたいな感じだと思いますけど、とりあえずこの後も奈良スペシャルまだまだ続きます。

−CM−

さ、というわけで今夜のキンキラKinKiワールド奈良県スペシャルお送りしておりますけれども、え〜。先ほどはですはね、奈良県の方のみ葉書を読ましていただきましたが、ここではですね奈良県の方のみの突撃テレフォンをしたいと思います。ね、いきなり電話します。
では、早速かけますからね。
え〜。これ19歳の子ですね。自宅にかけましょうか?懐かしいですねこの07から始まっていく感じが。

(ポチッ、ポチッ、ポチッ、電話のボタンを押してるみたいです)
ていうか、この電話でボタンを押すのがもう久しぶりやな俺。

〜コール中〜

でるかなぁ。
(プツッ)
あれ。

(ピー)

んふふふふふ。(笑)

あのさぁ、今の留守電画期的やと思わへん?あの、転送されて、で、「ただいま出られません」とかさ、あるいは「はい、何々です」みたいなさ、くんのかと思ってたらさ「クシュ、ガショ※&%、ピー」って画期的やな。すごく奈良っぽ〜いよね。すごい。

次、これいこ。
このこと、この方、あっ桜井市にお住まいの子ですね。
これ、携帯にお願いしますって書いてるけど、じゃっ、かけま〜す。

(電話中)

ふぅ(ため息?)

〜コール中〜

剛、リ:「もしもし」
剛:「もしもし〜」
リ:「はい」
剛:「え〜。こちらKinKi KidsキンキラKinKiワールドのですね、堂本剛と申しますが」
リ:「はい」
剛:「あの〜。△△ちゃんですか?」
リ:「はい」
剛:「あの〜。葉書をですね〜」
リ:「はい」
剛:「送っていただきまして」
リ:「はい」
剛:「それで今電話してるんですけれども」
リ:「はい」
剛:「△△ちゃんテンション低いですねぇ。」
リ:「はい、もしもし」
剛:「△△ちゃんですよねぇ?」
リ:「はい」
剛:「あの、キンキラKinKiワールドにぃ」
リ:「はい」
剛:「あの、奈良県の自慢って言うことで」
リ:「はい」
剛:「葉書送ってくれましたよね?」
リ:「はい」
剛:「で、僕、堂本剛なんですけれども」
リ:「はい!」
剛:「あの、△△ちゃんテンションが〜」
リ:「はい(笑)」
剛:「低いですよね、失礼なくらいに」
リ:「いや、めちゃめちゃびっくりしてるんですよ、最初ちょっと疑ってたんです」
剛:「ですよねぇ。あの、何かこいつイタ電やろみたいなニュアンスでしたよね」
リ:「はい」
剛:「えっと〜。今何してんの?」
リ:「今車の中です」
剛:「車?え?おかんとか?」
リ:「お母さんと買い物来てるんですよ」
剛:「あっ、買い物してんねんや」
リ:「はい」
剛:「そしたら、そんなテンションやわなぁ」
リ:「ふふ(笑)」
剛:「今何処走ってるん?」
リ:「走ってないですよ」
剛:「止まってるん。ふふ(笑)止まってるの?」
リ:「今買い物してるんですよお母さん」
剛:「あっ、おかん買い物してんねんや」
リ:「今車で待ってるんです」
剛:「あっ、なるほど〜。どこで、どの辺で買い物してんねん?桜井市で買い物してんの?」
リ:「桜井市で」
剛:「あぁ〜、そうか。ん〜〜。なるほど。いや、ちょっとね、まぁちょっと今日僕久しぶりにキンキラKinKiワールドに出たので、奈良スペシャルをね今やってるわけよ」
リ:「はい」
剛:「んで、さっきは奈良県の人の葉書を読んで、で、今奈良県の人の葉書を選んでそっから突撃テレフォンしてるわけ」
リ:「はい」
剛:「とりあえずね、奈良スペシャルやってて」
リ:「はい」
剛:「で、まっ、ちょっと奈良が負けてしまったっていうさぁ」
リ:「はい」
剛:「うん。その奈良が負けた時はショックだったかな?っていうインタビューとかしたいねんけども」
リ:「最後まで戦ってて」
剛:「うん」
リ:「落ちたときは、落ちたっていうか最後に埼玉に決まりましたって言われたときは、『えぇ〜』みたいな感じ」
剛:「まぁ、そうやな〜。そのまた埼玉っていうさぁ、何やろなぁ、何か難しいとこやと思うねんな。その割り切り方として。うん。まだ東京!みたいな感じとかさぁ」
リ:「はい」
剛:「うん、色々なぁ、あって」
リ:「はい」
剛:「やったらええねんけども」
リ:「はい」
剛:「確かに、まっ、正直なぁ」
リ:「はい」
剛:「まぁ〜〜。奈良人が言うのもあれやけども」
リ:「はい」
剛:「なぁ。奈良ってさぁ」
リ:「はい」
剛:「あの〜。なぁ、何かこう今ひとつやんか(スタッフさん、リスナーさん爆笑)何か。あるやんそういうとこ。ええとこやねんで」
リ:「ええとこ」
剛:「ええとこやねんけども、こう主張性がないっていうかさ、いつも受け身な人やんか」
リ:「そうです、はい」
剛:「いつも、あなたたちのわがまま、いつでも待ってますみたいな体制でさ」
リ:「はい」
剛:「ちょっと都会に疲れたな〜、癒されたいな〜、奈良行こかみたいな感じやん」
リ:「そうですよね」
剛:「ええ人な感じあるやん、奈良って」
リ:「はい(笑)」
剛:「ええ人はな、損するってよく言うけども」
リ:「はい」
剛:「ん〜。奈良はそんな感じなのかな〜みたいなね」
リ:「はい」
剛:「僕は思いながら、あの、あぁ負けたんかってことですよ。ん〜。それも切なかったけども」
リ:「はい」
剛:「うん。まっ、しゃぁない・・・よね。負けは負けやから」
リ:「はい」
剛:「この次だからその〜。まぁ、何か機会があったらね」
リ:「はい」
剛:「奈良はまぁ、出て行こうってことよ」
リ:「はい。」
剛:「盛り上げていこうって事よ」
リ:「はい、強調していきます。お母さん帰って来ました」
剛:「おかん帰ってきた」
リ:「はい」
剛:「じゃ、おかんにあの今たとえば、今言ったらあかんで、たとえば今剛君と電話しててみたいな話して『うそやろ〜?』みたいなことで、またまた〜言うてアクセル踏まして」
リ:「あはは、わかりました」
剛:「うん」
リ:「ありがとうございました」
剛:「いえいえ、とんでもないです。こっちも急にありがとうございました」
リ:「ありがとぉ〜」
剛:「じゃぁ、また葉書をお待ちしておりますので、よろしくお願いしま〜す」
リ:「はい。失礼しま〜す」
剛:「は〜い。じゃぁね〜」
リ:「ばいばい〜」
剛:「はい。ばいばい〜」

さぁ、ということでね、この後おかんはどんな胸中でアクセルを踏むのかわからないですけれども。以上、も、こんなんでいいんですか?ふふふ。って今思ったんですよみんな。あれ?ってゆるい〜、ふふふ、企画したの我々ですけどゆるいですねって、ふふふ。
とりあえず、ね、僕はこんなんでいいんですけど、以上30分まるまる奈良県スペシャルでした。

−CM−

はい、今夜のキンキラKinKiワールドいかがだったでしょうか?
え〜。今日はですね、お葉書甲子園の奈良県スペシャルをやらせていただきましたけれども、まぁ、とりあえずね、まぁ、先ほどの△△ちゃんですけれども、話してる感じ聞いてもらったらわかりますけれども、まっ、ゆっくりしてるんですよ。うん。のんびりゆったりしてるんですよ。うん。
ね、まっ、何かそれが奈良のよさだったりするんですけど、ホントにね見事に『あれ?まだ3時?』とかね『え?まだ4時?』みたいな感覚に皆さん襲われるんじゃないかと思います。
東京の方是非ね気向いたら奈良行って頂きたいと思います。

え〜。そして、僕の知らん間にあて先が変わった、でね皆さん気ぃつけてください。僕含め、ホンマ気ぃつけて頂きたいと思いますけどね。気がついたらね好きな子が引っ越してたみたいな感じですよね。そんな感じじゃないね。
まぁ、とりあえずあて先変わりましたんで言いますけど
(あて先)

それでね、お知らせがあります。
KinKi Kidsからのお知らせですけれども。ドームツアーね。会場が福岡ドーム、ナゴヤドーム、大阪ドーム、東京ドームと4大ドームやらせていただきますけれども、え〜。
福岡ドームが12月18日と19日ですね18日が18:00から、19日は16:00から早いですね〜。これはなぜかというとこの日に帰らなければいけないんですね。
そして、22日、23日ナゴヤドーム。22日は18:00から、23日は16:00から。ね。帰らなければいけないからですね〜
そして、25日、26日大阪ドーム、25日が18:00から、26日が16:00から。これも帰りたいっていうことですね。
そして、東京ドームが30日、31日、そして来年の1月1日と。全て30日、31日、1日東京ドームは全て17:30ということになってますね。けっこう早めで。みんな電車もあるしね。それこそ遠いとこから来てくれてる人もいるから、まぁ、早め早めにやりますけどもね。皆さん、チケットとって来ていただきたいなと思いますけれども。お問い合わせはコンサート事務局まで電話してください。(電話番号は省略します)24時間音声案内ということで、え〜。そして、電話以外では(JEのサイトアドレス)ということになっております。
はい。
とりあえずですね、今週は奈良スペシャル楽しんでやらさせていただきましたけれども、来週ですけれどもスペシャル企画だそうですよ。
僕がこの番組に半年出なかったことによるスペシャル、ということなので、何かイヤな予感しますけれども、レアなKinKiグッズ、剛グッズのプレゼントも、事情は言えないんですけども、ファンの子思いのレコード会社の方が、んふふ、大放出してくれるみたいです。よろしくお願いしたいと思いますけれども。
さぁ、それではですね、来週はスペシャル企画ということで皆さん楽しみにオンエアを待っていただきたいと思います。
それでは皆さんまた来週お会いいたしましょう。
お相手は堂本剛でした〜。ばいばいっ!

SEO [PR] おまとめローン 冷え性対策 坂本龍馬 動画掲示板 レンタルサーバー SEO