KinKi KidsキンキラKinKiワールド
(8月7日山口放送分)

微妙に聞き間違いがあるかもしれないです。間違ってたらごめんなさい^^;
光ちゃん 
リスナー1 リスナー2 リスナー3 スタッフさん等

はい、堂本光一で〜す。
キンキラKinKiワールドです。
はい、ホントに暑くてね・・・・熱帯夜だし、この前ね、だから、暑くて〜、まっ、クーラー27℃にいつも僕はセットしてるんですね寝る時とか、そうすると、風邪・・・ひくこともなくて、え〜、快適に寝れるんです。朝起きた時もだるいこともないし。
でねぇ、ホンットこの前暑かったんで、ちょっと2℃下げたんですよ。そしたら風邪ひいちゃいましてねぇ、ダメですね・・・。
気をつけたほうがいいと思いますけど。
この前ね、掃除した。
・・・の。(聞き取れず)
うん。
スゴイ溜まってた。ホコリが。
うん。
ビックリした。
皆さんもクーラーの掃除を怠らなく・・・
(スタッフ笑)
はい。
さぁ、今回はある物を使ったスペシャル企画だそうです。
何をするのか。
まっ、スペシャルつっても、いつもね・・・。
はい。
その前に歌聴いていただきましょう。
KinKi Kidsの新曲『夏模様』です。

♪〜夏模様〜

え〜、今夜はですね、おそらく芸能界1位の芸能界一クーラー好きの私がですね、え〜、スタッフが送るスペシャル企画だということで、それは『真夏の扇風機歌合戦』
う〜ん。
またなんかくだらん・・・・。
(スタッフ笑)
感じですよねぇ。
え〜、リスナーの家族にですね、扇風機の前に立ってもらってKinKi Kidsの歌を、え〜、歌ってもらうと。
「だからなんや!」っちゅう話。
(スタッフ笑)
なんか、わぁ〜〜ってなるんやろ?
はい。商品は・・・特にありません!
ないんか、商品。
あっ、扇風機が回ってる。
え〜、商品は特にないんですけども、夏の貴重な思い出作りと思って参加。え〜、してもらうらしい。
何かあげればいいじゃ〜ん。
あげないの?
あっ、この扇風機あげる。この扇風機。
あげない?
迷うとこかよ〜、こんぐらいことを〜。
(スタッフ笑)
あげへんの?これ。
あげられへんのか。
あっ、何処、何処にあったんこれ。
えっ?
副部長の!?
副部長の扇風機。
(スタッフ笑)
これあげてまおうや、じゃぁ。
あはは(笑)
あの〜、番組を愛してくださっているリスナーのために、部長の扇風機・・・がどうしても欲しい!って言ってたんっす。
あはははは(笑)
あかん、あかん、返しとこ。
あ〜〜。
なってる?ならへんな。(扇風機に向かって声を出してる?)
あー、あー、あー。あーいうえーお。
ちょっとなってる。ちょっとだけなってる。
微妙やなぁ、これ、ならへん、なりにくいな。
これスイッチどこなん・・・。
えっ?
あっ!
あぁっ!・・・した。
ハイテクやな。
まっ、扇風機もね、これ、俺から見るとね、とてもこの世の中の不思議を使った異物。一品ですね。
えぇ。
まぁ、何故、何故風が出るのか?ですよ。
まっ、これを説明しだすとですね・・・。
いらない?
もういい?
あっ、リスナーの方が待ってる。あっ・・・。
はいはい。
(スタッフ笑)
え〜、というわけでリスナーに登場してもらいましょう。もしも〜し。
もしもし〜。
初めまして。
はじめまして。
え〜、堂本光一と申します。
こんにちわ〜。
お名前よろしくです。
ヨシコです。
ヨシコさん。
はい。
何歳ですか?
19です。
19歳。え〜、今日はですね、扇風機の前でなんか歌ってもらうっていう事なんですけども
はい。
今もう、何か扇風機回ってんの?それ。
回してます。
ガーガーいってるもんね。
あっ、いってますか?
扇風機の、家で使う頻度はどれくらい?
えっ、あんま使わないです。
あんま使わない。
はい。
クーラー?
クーラー、クーラーですね。
ねっ、空調は何℃?温度設定。
27℃。
真似するなよ〜。
えっ?!
真似したな俺の。
えっ、一緒なんですか?
一緒、一緒。
えっ、スゴイ嬉しい。
空調の設定温度が一緒だったぐらいで、嬉しがってもらえるようじゃぁ
えっ、嬉しいですよ。
なかなか俺も捨てたもんじゃねぇなぁ。
えへへ(笑)
そっかぁ。今扇風機の前に誰いるの?
お母さんがいます。
あっ、お母さん。
はい。
お母さんと・・・2人で歌うの?
はい。
扇風機の前で?
はい。
そっか〜。何歌ってくれるの?
あっ『全部だきしめて』を。
『全部だきしめて』歌ってくれるの?
はい。お母さんが好きなんで。
あっ、ほんとぉ。
はい。
わかった。じゃぁ、歌ってもらえる?
はい。
はい。どうぞ〜。
あっ、もういいんですか?
いいよ。
はい。
ガー言うてるな、ガー。
〜『全部だきしめて』スタート〜
ふふふ。
これどうしたらええか聞いとこ・・・。
これ扇風機意味なくない?
(リスナーさん笑ってます)
扇風機意味ないよね。
すごい、ぐぁ〜〜言うてるけど。
(鐘の音)
なんかもう終われっていうような鐘が鳴ったんですけど、サビいこうサビ。サビいこうぜ〜。
じゃ〜じゃじゃんじゃっじゃじゃ〜ん。
あっ、俺のオケを無視しやがった。
えふ〜、Aマイナー、Dマイナー♪
Gマイナー♪C#7〜♪C7〜♪
(鐘の音)
〜『全部抱きしめて』終了〜

はい。よくできました〜。いやいや、ホントに何がしたいのかよくわからないこのコーナーでございますけども〜。歌ってみていかがでしたか〜?
もう、何かめちゃくちゃですね(笑)
いやいや、歌は全然良かったよ。
ホントですか?
うん。この風の音がウザイね。
ウザイですか?
(スタッフ笑)

止めて止めて。
止めます。
うん。
止めました。
止めた?
はい。
うん。この方がええやん。これで歌った方がええやん。
えぇっ(笑)それじゃ、何かもう意味ないじゃない・・・(笑)
もう、扇風機全く意味を成してなかったからね。
えっ、意味成してなかったですか?
うん。全然「あ〜〜」ってなってなかった。
えぇ〜。
うん。
あれ・・・。
なってなかった。残念ながらね。
すいません。
いやいや、いいんだけどさ。
ふふふ(笑)
歌ってくれたからさ。うん。この夏の予定は?
夏の予定・・・。受験なんで
受験。
勉強します・・・。
勉強する〜。そっかぁ〜。勉強すんのか。う〜ん。頑張ってな。
ありがとうございます。
うん。ねっ、えぇ。ばっか・・・ばかばかし・・・かったでしょ、でもちょっと。
でも、キンキラにしたらまともな企画じゃないですかね?(笑)
(スタッフ笑)

・・・・・・・。なんだこれ・・・・。
(リスナー&スタッフ笑い中)
いやいや・・・。今のはスタッフ笑ってる場合じゃないぞ。
ふふふ(笑)
危機、危機感を持とう。もう少し。
えっ、でも、それがいいと思いますよ。
あっ、そうか。
はい。それが楽しいです。
いやっ、これは〜、リスナーにバカにされてるぞ俺たち。
(スタッフ笑)
いやっ、してないですよ。してないです。

なぁ。じゃぁ、あの〜、ありがとぉね。
ありがとうございます。
あの、お母様にもホンマにありがとうございますと
はい。
あの、ホンマにありがとうございます。じゃぁ、失礼します!
あっ、これからもお仕事頑張ってください。
頑張りもす。
えへへ(笑)
どうも、失礼します。
失礼しま〜す。ありがとうございま〜す。
は〜い。どうも〜。
いつもよりはマシ・・・なだそうです。
ならじゃぁ、自信持っていこう。
(スタッフ笑)
このコーナーに。ねっ。
よし、じゃぁ、1回CMです。

〜CM〜

は〜い、お送りしております『夏の扇風機歌合戦』全く意味はありません。
なっ、なっ、なんでこれをしようと思ったの?ナイスガイ。
(夏っぽい、企画って言ったらもう扇風機しかないじゃないですか)
ふふふふ・・・(笑)
えっ、ナイスガイん家はクーラーないの?
(うちはエアコンありますよ)
クーラーある。
扇風機ある?
(扇風機は実はないですね)
ふっ(笑)じゃぁ、なんで夏といえば扇風機なのよ。
(世間的に見て)
あぁ。世間的に見てこう、夏を共有、何か共有できる部分。ひねり出したのがこれ。
やっ、「これ」って、めっちゃ自信持って言ったけど
(スタッフ笑)
たいした事ないと思うよ(笑)
うひゃひゃ(笑)
続いての、え〜、出場者です。
もしもし!
もしも〜し。
初めまして。
初めまして。
お名前と年齢をお願いします。
はい。
クリオカリナ、17歳です。
リナちゃん。
はい。
17歳。お母様と一緒に歌を歌ってくれるんですか?
はい。
お母さんの名前は?
タカコです。
タカコさ〜ん。え〜、なに?あの〜、親子でKinKiを応援してくださってるわけですか。
ふふふ(笑)お母さんはそうでもない(笑)
(スタッフ笑)
お母さんそうでもないんや〜。
でも、私は大好きです。
あっ、そぉ〜。
はい。
お母さんはそうでもないんやろ?
すいません(笑)ふふふふ(笑)
お母様はどっちかというとペ様とか?
どっちかと言えば
うん。
SMAP
あっ!SMAP。
はい。
SMAPの誰?
キムタク(笑)
あっ、木村くん。
はい。
男前に走るなぁ〜。お母さんは。
あはは(笑)
ほんまねぇ。
あと、弟が
うん。
小6の方なんですけど
うん。
光一く〜〜ん。
おぃ!おっす!
大好きで
うん。
踊りとかなんか真似してるんですよ。
マジで、真似してよ。
光一く〜ん。
どんどん真似してよ。
あはは(笑)
ちょっと代わってよ。
はい。
はい!

はろ〜。
おぉ〜。
光一です。なっ、名前教えて?名前。
クリオカヨシノリです。
ヨシノリくん。
はい。
今小学校6年生。えっ、なに?踊りとか真似してくれてんの?
はい。
えっ、あの、『Deep in your heart』の?
はい。
うそ、踊れる?
えっ・・・。ちょっ・・・、えっ・・・。
ど、どの部分とか真似してんの?
あの、最初の。
最初の!
最初の部分とか。
なるほどね。
(後ろでリスナーさんが笑ってます)
いいね〜。そうなんや。ありがとぉな。
はい。
嬉しいわ。物凄い嬉しいわ。
ふふふ(笑)
ねっ、じゃぁ、リナちゃん代わってくれる?
はい。
は〜い。
さよなら!
は〜い。
すいません(笑)
めっちゃええ子やん。
ふふふ(笑)
なぁ。じゃぁ、今日は何歌ってくれるの?
『硝子の少年』です。
お〜、『硝子の少年』
はい。
お母さんも一緒に。
はい。
わかった、扇風機の前でやで。
はい。
さっき全然扇風機効果出てなかったからねぇ。
あっ、そうなんですか?
ちょっと期待してるわ。
は〜い。
じゃぁ、もう、いつでも。弟さんは?
あっ、弟も一緒に歌えばいいですか?(笑)
うん。じゃぁ、3人で。
あっ、は〜い。
3人で歌ってください。
は〜い。
もう準備よろしければいつでも。
は〜い。
どうぞ。
いくよ。せーの。
〜『硝子の少年』スタート〜

また、ゴーいうてるだけやん。
ゴーいうてる・・・・。
あっ!さっきよりなってるね。
(鐘の音)
もういいみたいですよ。
あっ、もういいんですか?
もういいみたいやわ〜。
〜『硝子の少年』終了〜
あはは(笑)

うん。
扇風機の効果出てました?
さっきより出てた!
あっ、そうですか。
うん。さっきより出てたわ〜。
ふふふ(笑)
何かごめんな、これ歌ったからっていってホント全く何もないねん。
(スタッフ笑)
あはははは(笑)

うん。しょ、正直
はい。
あの〜、きっ、企画〜がぁ〜
ふふふ(笑)
ちょっと、間違ったなっていう。
あははは(笑)そうですか?
ひゃはは(笑)うん。
お母さん今日一生懸命練習してましたよ。
ホンマに?
はい。
ありがとぉ。それは嬉しいわ〜。
へへへ(笑)
そうやってなんか僕らの歌をそうやって歌ってるのを聞けて
はい
え〜〜〜、嬉しいです。
ありがとうございます。
はい。ねっ、え〜、じゃぁ、これからもよろしゅーです。
はい。
ねっ。
あっ!
何々?
あっ、はい。
ん?
なんでもないです。すいません。
なんの返事や。
おばあちゃんもいるんですけど。
おばあちゃん?!代わって、代わって。
おばあちゃん、光一くん。
嬉しい〜。

あっ、おばあちゃん。
こんにちわ〜。
どうも、初めまして。
初めまして〜。
お名前お聞きしてもよろしいですか?
はい。クリオカトモコです。
トモコさん。
71歳です。
ななじゅ・・・!おっ、おばあちゃん、声若いですね。
ありがとうございます。
全然71歳に思えない声してますね。
歌が大好きなので
はい。
若返り法です。
おばあちゃんは誰がお好きなんですか?
もちろん光一くんです。
ホントですかぁ〜?
はい。あのね、光一くんのね
えぇ。
踊ってるところが大好きです。
あらぁ!
はい。
照れます!
いつも孫にね
えぇ。
そこだけかけて〜、かけてって言ってます。
あっ、ホントですか。ありがとうございます。
ありがとうございます〜。
なんか・・・
嬉しいです。
何か皆さんで、こう、応援してくれて僕も
ありがとうございます。
頑張らないかんなって思いますわ。
頑張ってください。
えぇ。全然話がかみ合ってませんけど大丈夫ですか?
(スタッフ笑)
はい。わかってます。私ばっか喋ってると、あの、あれですので

ははは(笑)
孫に代わります。
えぇ。ありがとうございます。おばあちゃん。
はい。すいません。
は〜い。
すいません(笑)
いや、全然ありがとぉ。
そうですか?(笑)
うん。今日はありがとぉね。
はい。頑張ってください。
もう、お母様にもよろしくお伝えください。
は〜い。
は〜い。じゃぁ、どうも失礼しま〜す。
ありがとうございました〜。
ねっ、ステキなご家族ですね〜。
さぁ、続いてもう一組繋がってますか?
はい。
もしも〜し。
もしもし〜。
どうも、初めまして。
初めまして〜。
お名前と年齢をお願いします。
ユリコ、17歳です。
ユリコちゃ〜ん。
はい。
こう、ハガキ送ってくれてますね〜。
はい。
おっ!明日はダンス本番。
はい。
優秀チーム、のみせな、見せ場。
はい。ふふふ(笑)
おっ、ダンスやってんの?
はい。なんか、学校で
うん。
創作ダンスみたいなのやってて
おぉ。
その次の日が発表だったんですけど
うん。
私のグループ優勝したんですよ。
おぉ〜。
ふふふ(笑)
いいね〜。
はい。
優勝した。
はい。
ダンス好き?
はい。好きです。
でもなんか、将来は看護師になりたい。
そうですね。
踊れる看護師。
いやっ・・・。ふふふ(笑)
踊る看護師。
はい。そう・・・・(笑)
いいね〜。なんだかいんび(?)だね〜。
ふふふ(笑)
ダンシングナース。あははは(笑)バカだね〜。はははじゃねぇよ、ナイスガイ。俺か?うひゃひゃ(笑)ほらっ、完全に引いてるやんユリコちゃん。
(スタッフ笑)
ふふふ(笑)

全く「・・・・(汗)(てんてんてんてん、汗マーク)」みたいな感じでしたね。え〜、というわけで、え〜、今お母さんと一緒ですか?
はい。一緒です。
お母さんヒロコさん。
はい。
え〜、お母さんは誰のファンなんですか?お母さん。
やっ、お母さんは特に誰のファンでもなく。
えっ、じゃぁ、今道連れやん。
えへへへ(笑)
なぁ?
大丈夫です。
大丈夫か?
はい。
そっか〜。今日は何歌ってくれるの?
えっと、KinKiの『雨のMelody』を。
あぁ、なかなか難しいのきたね。
へへ(笑)
じゃぁ。
はい。
え〜、Aメロからいくと美味しいところはいっつもいけないんで
はい。
サビいこう!
はい。わかりました。
えぇ。じゃぁ、お母さんとサビ、扇風機の前で
はい。
じゃぁ、いいですか?扇風機回ってます?今。
あっ、今回しました。
回した。
はい。
じゃぁ〜。歌ってください。
はい。
はい。『雨のMelody』サビ
〜『雨のMelody』スタート〜
またあんま効果出てない。
〜『雨のMelody』終了〜
おぃ。
ふふふ(笑)
おぃ、きた〜。
(鐘の音)
はい、きた〜。ねっ、扇風機の全然意味成してなかったな。
あっ、ホントですか?
うん。これ、扇風機の強さにもよるんかもしれんな。
あぁ。
うん。このコーナーどう思う?
えっ。なんか、キンキラKinKiワールドらしいなと思って(笑)
あぁ〜。なるほどね。この、全く意味がない感じでしょ?
あはは(笑)あぁ、でも、何かそれがいつも楽しくて聞いてます。
あっ、そう〜。いつも聞いてる。
聞いてます。
よぉ、付き合ってられんなぁ〜。
ふふふふ(笑)
えらいわ。
はい。
頑張るわ!
はい。頑張ってください。
ふふふ(笑)ねぇ、ありがとぉね。
はい。
うん。またお母さんと一緒に応援してください。
はい。応援してます。はい。
じゃぁ、受験頑張って。
あっ、ありがとうございます。頑張ります。
看護師になって〜、俺を看護してくれ。
あっ!はい(笑)わかりました。でも、ケガしないように頑張ってください。
あっ、ステキ。今のステキ。自分は看護師なんだけど、ちゃんとケガしないようにって言えるそこがステキ。
はい。
はい。じゃぁ、ありがとうございました。
ありがとうございました〜。
どうも、失礼いたしま〜す。
失礼しま〜す。
いや、今日3組ともすごいステキな人たちだったね〜。
何か毎回思うわ。
こうやってリスナーと、こうやってちゃんとお話したときになんてこの番組はバカなんだろうっていうのを改めて思い知らされますね。これでいいのだろうか。という風に思っちゃう。
いいんだよ!
うひゃひゃひゃひゃ(笑)
いいんです!ねっ。
はい、以上『真夏の扇風機歌合戦』でした。

〜CM〜

さっ、今日のキンキラKinKiワールドいかがだったでしょうか?
非情に画期的な企画をここにも書いてるんですけど、全然画期的じゃない
(スタッフ笑)
もう、企画倒れ・・・な具合でしたけどもね。
意味がないね。
ふふっ(笑)
夏らしいってだけでしょ。
うん。ねっ、まっ、でも、なんかあったかい感じはしましたけどね。
えぇ。まぁ、良かったんじゃないっすか?
はい。じゃっ、え〜、たまにはおハガキ読みますんでこちらまで送ってください。たまに、いきなり電話することもありますしね。送っていただきたいと思います。(宛先)の係までお願いいたします。
え〜、歌・・の方をねKinKi Kids 『夏模様』というシングル出てますんでそちらの方チェックしてください。
そしてお互いのソロ活動の方もぜひ皆さん、え〜、応援していただければと思いま〜す。
では、また来週です。
ばいばい。
SEO [PR] おまとめローン 冷え性対策 坂本龍馬 動画掲示板 レンタルサーバー SEO